素材の切り出し

発泡丸棒は1cmの長さに切り出します。

発泡スチレン丸棒をカット
発泡スチレン丸棒をカット

浮子足のカーボン芯は1.5cm切ります。

カーボン芯をカット
カーボン芯をカット

中心出し、浮子足の取り付け

中心出し用の治具(太さ4mm、5mm、6mm)を買ったのですが、使用している発泡材6mmだと微妙に太くて、使えませんでした。

中心だし用治具
中心だし用治具

なので、目測で適当に穴を開けて、カーボン芯を約5mmを差し込みます(笑)。瞬間接着剤を使って取り付けています。
カーボン芯の取り付け
カーボン芯の取り付け

荒削り

接着剤が乾いたら、カッターを使って、荒削り工程です。この工程で、大体の大きさにまで削りこんでしまいます。この後の成形工程では、耐水ペーパーを使って削っていきますが、時短のためにできるだけ完成に近い形にまで削ります。

荒削り完了
荒削り完了

成形

浮子本体と耐水ペーパーをしっかりと水で濡らしてから、ご紹介した小型旋盤にセットします。

小型旋盤に固定して成型
小型旋盤に固定して成型

スイッチを入れて回転させながら、形を整えていきます。

成型完了
成型完了

斜め通しの穴あけ

なるべく浮子の頂点に近い位置から、浮子胴部に向かって斜めに、自作した穴開けを貫通させます。

斜め通し穴
斜め通し穴

塗装工程で穴がふさがらないように、同径のピアノ線を通しておきます。これを、塗料を塗った後乾く前に差した状態で乾かします。

穴がふさがらないように
穴がふさがらないように

着色とコーティング

まずはボディ部の下地を塗ります。今回は蛍光グリーンと蛍光ピンクを塗りました。

ボディ部の下塗り
ボディ部の下塗り

次にボディ部に黒を塗り重ねます。

ボディ部の重ね塗り
ボディ部の重ね塗り

乾いた後に耐水ペーパーで研ぎ出しをするとこんな感じになります。気持ちだけですが、少し飾り気がでます。

ボディ部の研ぎ出し
ボディ部の研ぎ出し

浮子トップには蛍光イエローを塗ります。

浮子トップは蛍光イエロー
浮子トップは蛍光イエロー

最後にトップコート用の塗料を2~3回塗って完成です。

完成①グリーン
完成①グリーン

完成②ピンク
完成②ピンク

おわりに

今回ご紹介した作り方で、一つ注意点があります。自作した簡易小型旋盤で回転させながら、ヤスリを当てますが、水がないと摩擦熱で溶けてうまく削れなかったり、黒く変色したりします。耐水ペーパーで削る際には、しっかりと水をつけた状態にすることで、摩擦熱を押さえることができ、きれいに削ることができます。
今後も、色々と試行錯誤を続けていこうと思っています。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします!
ランキング確認はこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村