少し寝坊

寝坊といっても5時半起床なので十分早起きなのですが、この時間は私の出発時間の予定でした。夜明けも随分と遅くなって来て、朝の6時頃。自転車で30分、夜明けに合わせて出発予定でしたが、そそくさと朝ごはんを食べて準備をして、6時半にポイント到着。
毎日組の我が師匠、常連の旦那さんはじめ、皆さんも釣りを始められていました。

ポイント探し

皆さんとは少し距離を置いて、ポイント探しです。とりあえず、ちょこちょこと仕掛けを振り込んで水深を確かめます。少し深くなっていて、藻が入っているところを選びました。

今日も激渋

この時期は新子と、冬の成魚の釣りとの端境期で、厳しい時期なのだそうです。餌を何種類か用意されている方もおられました。
選んだポイントは、運が良く、仕掛けを入れてすぐにアタリが出始めました。どうやら、藻に魚が付いているようでした。
最初に釣れたのは、やっぱりクチボソです。藻から離れて釣りやすいところは、クチボソばかり。釣れてはリリース釣れてはリリース。
もう少し藻のキワを狙ってみると来ました、小さなタナゴです。

小さなタナゴ
小さなタナゴ

今日も綺麗なオス

前回もそうでしたが、綺麗なオスが釣れました。しかも、2匹でした。新子狙いのポイントなので、自慢できるものではないのですが、自分としては観察ケースに入れて美しいこの魚も満足です。

大きなタナゴ
大きなタナゴ

9時半で納竿

毎日組の師匠は、お先に失礼します、と挨拶すると、いつも「釣れたかい?」「おっ、竿頭だね」と、自分がよく釣れた方なのかどうなのか分かりません(^^;)
お若い常連のお兄さんに聞いてみると、「朝からやって、ようやく両目が開いたくらい(2つ、3つ)」とのことでした。そんな中、15とツ抜けできたのは、まずまずと言ってよいでしょうか。

今日もゲスト登場のエビ
今日もゲスト登場のエビ

冬の楽しみ

粋な釣りとして、昔から楽しまれているタナゴ釣り、年中釣れる魚ですが、他の魚が釣れなくなる冬の釣り物として、釣り人を惹きつけます。昨年冬に、まだタナゴ釣りを始める前ですが、水路には2・30どころか、40人、50人と竿を並べている光景を見て、驚きました。冬になると隠れ家となる植物が枯れてなくなるので、1箇所に魚がぎゅっと集まるのだそうです。ですので、これまで散り散りになっていた釣り人が、どっと集まるわけです。
あまり人が多い中釣りをするのは、初陣の私には少し気が引けるので有休を使って、平日デビューできればいいなぁ、と思っています。それが叶わなくても、頑張って早起き、場所取りして、挑戦してみようと思います。

ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします!
ランキング確認はこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


最後までお読みいただき、ありがとうございました。