完成図

仕掛け巻き 完成図
こちらの作り方をご紹介していきます。

材料

竹串2種類

平たいものと丸いものの2種類を使用します。

材料の竹串2種
材料の竹串2種

硬質ステンレス線

ここには針ではなく、ハリス止めを掛けることになります。せっかく研いだ針先を傷める可能性があるので、針は釣り直前まで、別の針ケースに入れておくようにします。
仕掛け巻きを掛けるので、できるだけ細いものを使用します。私は手持ちの0.6mmを使用していますが、もう少し細いものの方が掛けやすいと思います。

接着剤

2液性のエポキシ接着剤を使います。木工用ポンドも試したのですが、強度が低く崩れてしまうことがありましたので、より強力なものを使用します。

100円均で買った接着剤
100円均で買った接着剤

道具

ノコギリ、ニッパーなど

各材料を切り出すための道具です。

ピンバイス

丸い竹串、ステンレス線の太さにあった太さのドリル刃を使用します。

ピンバイス
ピンバイス

作り方

材料の切り出し

寸法はお好みで決めてよいかと思います。
私は、平串は長さ55mm、丸串は長さ10mmにしています。理由は特にありません。以前、常連の方に仕掛けをいただいたものの大きさをそのまま参考にさしていただいています。

材料の切り出し
材料の切り出し

穴あけ

まずは平串の内側に穴を開ける場所た目印を打ちます。

穴あけの位置の目印
穴あけの位置の目印

そして、丸串とステンレス線を取り付けるための穴を開けます。丸串の径に合わせた太さのピンバイスで深さ3mmほど穴を開けます。

穴あけ完了
穴あけ完了

組み立てと接着

まずは仮組みで接着剤なしで組み立ててみます。穴を開ける位置がずれていると、丸串が斜めになってしまったり、全体がよじれてしまったりします。ここで、多少の修正は可能です。
そして、接着剤で固定していきます。接着剤が乾くまでは触らずにそっとしておきます。

組み立て、接着
組み立て、接着

おわりに

今回は私が使用している仕掛け巻きの作り方をご紹介しました。この仕掛け巻きの大きさに合わせた道具箱を作ったのですが、微妙に大きさが違って、収納ができず、失敗に終わっています。時間と気力を見つけて、また挑戦したいです。
すでに仕掛け入れをお持ちの場合には、その大きさに合わせて自作されるのもよいかと思います。

ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします!
ランキング確認はこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


最後までお読みいただきありがとうございました。