今回は、常連さんに教えていただいポイントで、釣れる数は少ないものの大きなタナゴが釣れるところに入ってみました。先日の釣行で、綺麗なオスのタナゴが釣れたのが、とても嬉しかったので、もう一度見たいなと思い、挑戦です。

流れのある水路

今回入ったポイントは常時流れがある、幅3〜4mと少し広めの水路です。水路の手前の端には大きめの石が並んでいて、その部分に流れが穏やかな部分があり、そこならこれまでの私の経験で釣りができそうな気がしたので、竿40cmと短めで手前から始めました。

まぐれの1尾

どこでやっても私を裏切らないいやつ、クチボソです。いつ釣りに来ても元気いっぱいで、今日も例外ではありません。
そんな中、水面から上がってくる姿が違う、キラキラと体高のある姿、タナゴが釣れてくれました。

綺麗なオスのタナゴ
綺麗なオスのタナゴ

釣れるという話を聞いてきたので期待する部分と、現場では釣れない釣れないと話されている常連さんからの不安の中、貴重な一尾が来てくれました。

とりあえずバケツに入れてもう一尾と同じように仕掛けを入れてみますが、あとはクチボソばかりでした。

竿90cmで仕切り直し

和竿を手作りして使っていたのですが、釣り場に忘れて帰ってしまうという失態で、今は市販の安物竿を使っています。長さは3尺90cmなのですが、足元で小さな魚を釣るので、手元を抜いて40cmで使ってきました。
今回初めて90cmで使いました。仕掛けは、今回の釣行のために、予め90cm用に作っておいたものを使用します。
この竿の本来の使い方ですが、いつもの倍の長さなので、違和感のある握り心地で開始、するものの、釣れるのはクチボソばかりでした。

タナゴと大きなクチボソ
タナゴと大きなクチボソ

タナゴを探せ

最初はいつものようにクチボソは即リリースしていたのですが、タナゴがあまりに釣れないなので途中からバケツにキープ。
この中に1匹だけタナゴがいます。分かりますか?

タナゴを探せ
タナゴを探せ

おそらく、写真一番上にいる魚だと思います、が、すいません、自分で撮っておきながら、見分けがつきません(^^;)

おわりに

今回のポイントも何人か釣り人がいらっしゃいました。今年も一時は朝から昼までで、20尾ほどは釣れたそうですが、最近は釣れないそうで、今日は1匹も釣れなかったという方もいらっしゃいました。そんな中、マグレでも1尾釣れて良かったです。
いつものポイントとはまた違った環境、つまりは釣り方も違ってくるはずです。ここはここで通ってみて探求していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。