満員御礼

ポイントに着いたのが9時半頃、スタートは遅いものの、いつもと雰囲気が違います。連休ということもあってか、水路にずらりと釣り人が並んでいました。
おはようございます、今日は人が多いですね、と毎日組の方に声をかけると、「満員御礼、鮒釣り大会やってるよ」と、どうやらタナゴはあまり釣れていないようです。「鮒ばっかりで、タナゴはツ抜けしないよ」とのこと。

母さんタナゴ

今日は本当に魚の活性が低く、クチボソすらほとんどアタリがありません。半分あきらめ気分で、釣れたモロコやクチボソなんかも桶に入れたりして遊んでいました。
そんな中、スンッと仕掛けが沈み、上がってきたのは平たい魚影、幼魚班はなく、卵管が伸びたお母さんタナゴでした。

母さんタナゴ
母さんタナゴ

クチボソじゃないモロコ

餌をつけて仕掛けを入れても、一向にアタリが出る気配がありません。そんな中、やはり釣れてくれるのはクチボソでした。
隣の常連さんが釣ったのを見て、クチボソですかと聞くと、「これはモロコだよ、最近はこれが釣れるようになってきちゃった」とのこと。クチボソよりも口が大きく、合わせが遅れると仕掛けを飲まれてしまうと、嘆いておられました。
私もそれらしきものが釣れました。

モロコ
モロコ

大きなゲスト

隣の常連さんが帰られた後、場所を譲っていただき、そこで釣りをしていると、とんでもない大きさの魚、とても10cmの観察ケースには収まらないような、ヘラブナのような魚が2・3度、掛かりました。上手くあげられればよかったのですが、仕掛けが切れるのが怖くて、為すがまま。なんとか針先も折れませんでした。
そんな中、そこまで大きくはありませんが、鮒っ子が釣れました。ちょうど観察ケースの端から端までの10cmほど。

大きなゲスト 鮒っこ
大きなゲスト 鮒っこ

おわりに

今回は魚は釣れないのにも関わらず、人は多いという変な日でした。「他のところで釣れなくなるから集まってくるんだよ」とのことでした。つい先週には7・8人といったところでしたが、魚の気持ちも分からなければ、人の気持ちも分かりません(^^;)
最後までお読みいただきありがとうございました。