9時半、実釣開始

いつもは一度決めたポイントは移動せずに釣り切る主義、というと格好付けですが、ちょこちょこ移動するのが苦手で、そうしているだけです。しかし、今日は積極的に移動してアタリを探そうと決めていました。
と言いながら、イスを出して釣りを始めました。キラキラっと魚影が見えた付近で藻があるところを選んで、釣りを始めましたが、一向にアタリがありません。水が少なくて浅く、澄んでいるので、ここはダメだなと見切りをつけて、竿とエサを持って、ポイント探しです。


ポイント探索

水路沿いを歩きながら、キラッとするところへ何投かして、また次へ。そして、1投目で反応があるポイントがありました。しばらく釣ってみるとクチボソでしたが、そこは魚っ気があるとみて、引越しを決意。ここまででおよそ1時間半も経過していました(^^;)

正午のアラーム

12時に設定したアラームが鳴って、釣果はゼロ、まだ帰れません。常連の皆さんは、ほとんど帰られてしまいました。時折、キラッとヒラを打っている奥の方へ仕掛けを打っても、中々うまくいきません。
すると手前でキラッとしたので、すかさず仕掛けを落とすと、ブルーギル・・・。クチボソ・・・。

そんな中、待望の1匹!

待望の一つ目タナゴ
待望の一つ目タナゴ

日が上がって活性が上がって来たのか、パタパタとアタリが出始めました。2つ目を釣って写真を撮ろうとしたところ、ポトリと落としてしまいました(^^;)


小学生2人の登場

竿を持った小学生らしき2人が来ました。道具立からして、本格的にタナゴを狙っているようでした。
「タナゴは釣れてますか?」、一つだけだよと返し、二人組も釣りを始めました。学校の行事の振替休みに二人で遊びにきたそうです。
しばらくして、落とした分を抜いて2つ目が釣れたので、釣れたよと言うと、見せて欲しいとのことで、小学生が持っていた観察ケースに入れてあげました。


乏しい経験ながら伝授

2つ3つ釣れたところで、「針は研いでますか?」と聞かれ、研いでいるよと答えると、最近自分も針研ぎを始めたとのことでした。
常連のおじ様方に道具をもらったり、色々と教えてもらったりして、仕掛けづくりから針研ぎまでやっているそうです。なんと頼もしい。

「針研ぎのコツはありますか?」と聞かれたりしましたが、まだ始めたばかりだよと、恥ずかしながら「悪い見本にならなるよ」と、針を一つプレゼントしました。観察ケースに5つほど釣れたでしょうか。どうやら遠方からはるばる自転車で来たようで釣らせてあげたかったので、エサと釣り座を譲って、ここに仕掛けを落とすと釣れたよと伝えて、釣り場を後にしました。


おわりに

まさか自分がタナゴ釣りを教えるなど、考えもしていませんでした。私も親切に教えてもらってここまで釣れるようになったので、お返しではないですが、色々と話をしました。一つでも釣れて帰ってくれたことを祈っています。

ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします!
ランキング確認はこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村



最後までお読みいただきありがとうございました。