タナゴ釣りの仕掛けは、道糸・親浮子・シモリ(糸浮子)・ハリス止め・ハリス・針で構成されます。タナゴ釣りでは、主に仕掛け全体がゆっくりと沈む(シモル)ように錘を調整します。今回は、この仕掛けの中でも道糸に着目して、フロロカーボンという素材について、深掘りしていこうと思います。

ナイロンの使用感

前述の通り、仕掛け全体がゆっくりと沈むように錘を調整するわけですが、浮き自体も小さいものを使うので、かなり細やかで繊細な仕掛けと言えます。
ナイロンラインをメインに使用していますが、ナイロンという素材は吸水性があり、それによって微妙に沈むスピードが変わってきます。比重が軽い部類に入るため、釣り始めは水に浮き気味になります。釣り進めていくと水を吸って馴染んでいくため、その分沈むスピードがやや早くなります。そのまま釣れることもありますが、シビアな時には、そのタイミングで再度錘を切って調整することもあります。


フロロカーボンの特性

比重が重いこと

比重とは、簡単に言うと水に浮くか沈むかと言う数値で、比重1.0が水で、それよりも高いと水に沈みやすく、仕掛けが馴染みやすいことを表します。
フロロカーボンは、釣り糸の中では1.78と最も比重が高いのが特徴です。ちなみに、ナイロンは1.14、エステル(ポリエステル)1.38、PE0.97となります。

吸水性が少ないこと

ナイロンラインの使用感でも述べましたが、ナイロンは吸水性があり、繊細な調整を要するタナゴ仕掛けには不利な点を感じていました。その点、フロロカーボンは吸水性が少ないと言われており、釣りをする最中での変化が起きにくいと言えます。


値段が高いこと

残念ながらフロロカーボン製のラインは高価です。タナゴ用のナイロンラインは数百円で買えますが、その3〜4倍の値段になります。

糸グセはつきやすい

他の素材に比べて硬い素材であることから、一度糸グセがつくと中々取れにくいというデメリットがあります。

実際に使ってみた感想

上述のように考察してみて、かなり魅力を感じましたが値段高く、まだ手元にはナイロンラインがあるので、一度は我慢しようと決めましたが、足は釣り具屋さんへ。何軒か回ってみたのですが、見合うものがなく、インターネットで注文しました。

渓流用の0.2号フロロカーボンラインです。

早速、浮子を通してハリス止めを結んで、シモリを作って。いざ実釣。

釣り始めは糸自体に油分などがあり、全く糸が浮かないわけではありませんが、ナイロンラインに比べると明らかに仕掛けの馴染みが良いのを実感しました。そして、水に対する安定性もあり、シモリ具合(沈み加減)の変化もほとんど感じられませんでした。
ただし、仕掛け巻きに巻いた後の糸グセはシモリの並びが曲がったようになってしまうので、軽くしごいたり、引っ張ったりして糸グセは取っておく必要があります。これはナイロンラインでも少なからず起こることです。


その他の素材

こちらは実際に使ってみたわけではないので、あくまで机上での話となります。現在、タナゴ専用のラインとして、PEやエステルラインがあります。私の考えでは、これらの素材は、フロロカーボンには及ばないということになります。

PEライン

伸びが少なく感度が良いとされる素材です。従来のナイロンやフロロカーボンに比べて、細くても強度があるため、潮の流れの影響を大きく受ける海での釣りでは大活躍です。しかし、シモリ(糸浮子)の動きでアタリをとるタナゴ釣りでは、この恩恵はさほど大きな利点とはならないと考えます。

エステルライン

釣り具屋さんでは、アジング用として売られているのをよく見かけます。硬く張りがあり、フロロカーボンよりも伸縮率が低く、感度が良いとされています。PEと同様、感度の良さはあまり大きな利点にはならないものと考えられます。
比重は1.38と水に沈む特性がありますが、フロロカーボンの1.78には及びません。


おわりに

以上、独断と偏見混じりの考察になります。通常ナイロンラインで問題ないのですが、考え始めると試して見たくなる性分で、今回の考察にいたりました。
皆様の釣りの参考になれば幸いです。

ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします!
ランキング確認はこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村



最後までお読みいただきありがとうございました。