ポイントに到着

子供2人と妻の4人で出発、タナゴ釣りでは有名な水元公園です。妻にはあらかじめ、キレイなタナゴを子供たちに見せてやりたいから、と釣りをする言い訳はしてあります。とはいえ、どのくらい時間が持つか…。

昼前について、レジャーシートを広げて少し早い昼食をとり、私は冬場に下見して、「タナゴならここだよ」と教えてもらったところへ。
しかし、冬場には常連が並ぶそのポイントには葦が生い茂っていて、その周辺の水路にポツポツと釣り人がいる程度。何人かに釣れますか?と尋ねてみても、「釣れません」「ダメだねぇ」とつれない返事ばかり。この質問に釣れますよと親切に教えてくれるわけもなく、期待もせずに、とりあえず、バケツを覗き込む言い訳にさせてもらいます。
バケツには、それらしいものが泳いでいましたが、唐突に教えを請うわけにもいきませんので、適当に腰を据えてやってみることにしました。





常連の旦那とおじさんとの出逢い

テナガエビの時もそうでしたが、救いの手が現れました。もう少しで1束(100)という、チャキチャキの江戸弁の旦那が、拾い釣りで近くに来て、仕掛けを落としました。見るととてつもなく短く浅いタナでやられていたので聞いてみると、「ここはもう水深自体が浅いですからね」「アタリもおチビちゃんのアタリになっちゃったから」と。そこに、また常連さんらしいおじさんが、どしっと腰を据えて「楽しそうだねぇ」と、「あと少しで100なんですけどねぇ、いるのはいるんだけど」と、私はその会話には入れず。旦那の方は歩き回りながら、「釣れたよ!」「魚はアタルけどもう暑くて集中力がない!」と誰かに話しかけているのかどうなのか、大きな声で話しながら、ちょこちょこと仕掛けを落としながら拾い釣り。





凄すぎるおじさん

私は、恐る恐るおじさんに「今日はもう釣りはおしまいですか?」と話しかけてみました。「もう暑くてね」、少し間を置いて、「一つだけアドバイスしてあげる…」ここからの内容は伏せさせていただきますが、最終的には手作りの仕掛けを「これあげるから試してみな」、工業製品のように整っていて、手仕事のように細部に行き届いている、そんな仕掛けでした。何かお礼ができればと思いますが、私からできるようなことはなさそうです、そう言うと「そんなのは、いいんだよ、次来た時に、おはよう、こんにちはで。釣りに来たんだから釣れなきゃ楽しくないですよ」と。旦那さんも向こうで「釣れたよ!これでちょうど!」とキリのいいところで、こちらに来てくれて、「この杭から数えて、1・2・3・4・5本目から向こうなら魚はいますよ、草があるでしょ。」「30cmズレるだけでアタらなくなるから」と、江戸弁がかっこいい!





手取り足取り、言う通り

しばらく同じところでやっていたのですが、「お兄さん、こっち来なよ、こっちアタリあるから」と呼んでいただき、荷物をまとめて移動、まずは仕掛けの調整、「いい具合になったね」、「じゃあ、ここに落としてごらん、するとすぐアタルよ、ほら」とポイントから釣り方まで手ほどきを受けて。なぜわかるのか聞いて見ると、「魚が教えてくれたんだよ」と、私には何が何やら分からないままでした。後から、おじさんの言葉を思い返し、こういうことかもしれないと、点と点を線で結び直しているところです。
すると、シモリの動きで合わせるとキレイなタナゴが掛かりました。

キレイなタナゴ
キレイなタナゴ

今日はこの1匹だけ。釣ったというより、釣らせてもらった魚でした。





仲間意識、縄張り意識と江戸人情

「あんなに教えちゃっていいの?」遠くの方から、旦那さんとおじさんが話しているのが、ふと聞こえて来ました。やはり、自分たちの釣り場に新参者が増えることをよく思わない人もいます。
おじさんはの場合は、「なんとか釣らせてやりたい」「最近は人が釣ってるのを見るのも面白い」と言っていました。手作りした仕掛けを、また自分で研いだ針を、ズブの素人で初対面の私になんの見返りも求めずにあげてしまう、江戸の人情というものでしょうか。





奥が深いタナゴ釣り

世界最小の釣り物と言われるだけあって、その仕掛けはとても小さく…小さくというよりは繊細です。私は道具類も自作をしたいのですが、こんな小さなウキをどうやって作るのか?こんな小さな針先をどうやって研ぐのか?と戸惑いを覚えながらも、その沼を前に高鳴る好奇心を覚えています。
仕掛け入れや針ケース、水箱など、作らなければいけないものがたくさんあります。お先は真っ暗で手探りですが、細く長く続けて腕を磨いていこうと思います。

着信とメッセージ、合わせて6つ、もう限界です。妻には感謝、子供たちにもキレイタナゴを見せられてよかったです。

ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします!
ランキング確認はこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村